カレンダー

03 ≪ 2017/0405
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
キーワードタグ
近影

からしめタイコ

Author:からしめタイコ
1月27日生まれ。B型
性別:ジョシ
得意技:誤字脱字
好きな名言:速く走るやつは転ぶ
カテゴリの説明→click

ついったー
いらっしゃいませ
LastRanker
ゲームメーター
からし明太子の最近やったゲーム
ニコニコしようZE☆
20

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

1周忌
去年の今はもう親分動かなかったなぁ…葬祭場の人に聞いたとおりに保冷剤を身体の下に敷いたり乗っけたりしてたからもう冷たくなってたなぁとか、なんか色々と思い返します。

この半年は新しく迎えたポン太に振り回されっぱなしで、猫によってこんなに性格に違いがあるのか…とびっくりしたり感心したりで楽しい日々です。
親分からもらったたくさんの幸せをポン太に伝えられるように、がんばるよ!

13

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

いない君の歳は数えない

別に君がいなくても今年も今日はくるんだなぁ、となんだかカレンダーの日付を見ながらしみじみ。
そんな12月13日。
これからはもうお祝いしないよ。

02

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

君のいない世界のスピードに死に物狂いでついていく
いっそのことこのブログは○日間更新がないため云々の広告が出るまで放置しようかなぁとか思っていました、お久しぶりですからしめです。
更新が途絶えている間にゼルダ無双3DSが届いてやり始めて、Fate/goはイベントのアイテム交換のお陰で金ピカが最終再臨し、アンケート呼符で黒セイバーをお迎えしました。ちなみにリリィは乳上を石2個砕いて撃破しましてどうにかイベント終了前日の今日宝具レベル5です。
ごきげんよう。

毎日更新を続けるようになって、もしもこの更新途絶えるとしたら猫になにかあった時だろうなぁとぼんやり思っていたのですが本当にそうなりました。
夜中にふと目が覚めたりとかして、眠れなくなって親分の動画とか画像とか眺めてるとどうしようもなく寂しくなってべそべそ大泣きしたりとか、寂しい気持ちはきっとずっと消えないんだろうなぁとは思いつつ、冷たいままの親分の寝床にそっと手を突っ込んでついでに顔も突っ込んで残り香をふんすふんすしてたりとかしてると、それでもどうにか気持ちに区切りが付けられるものなのだなぁと。

あんまりいなくなった猫のことを長々語っても仕方ないのでさらっと。

水曜日
いつもどおり出勤の準備してたんですが、突然ふっと「あ、今日は仕事行きたくない」って思っちゃって、そこから急いでシフト調整の電話したりメールしたりで2日間休みをもぎ取る。
fate/goのイベント始まったのでちょぼちょぼと走りつつ寝たきり生活4日目の親分とゆっくり過ごす。
17時ころに地域猫のボランティアグループのボスから電話があって、18時頃に伺ってもいいですか?おkもちろん!と返事。
帰宅した母と夕食の支度とかしながらボスの来訪を待つ。親分はリビングに持ってきた寝床で寝たきり生活。
18時ころにボスが来て、親分と対面。
親分の呼吸が少し苦しそう。
18時50分ころ、ボスが親分の呼吸が止まっているのに気付きます。
腎障害がここまで重くなると苦しむ、激しい痙攣があるかもと散々脅されていたので、穏やかなあまりに穏やかな最期で、眠っているみたい。信じられない。
まだあったかい、でも動かない。
2回後ろ足を大きく振り上げるように痙攣してふぅと大きく息を吐いて。それだけでした。
長くお世話になったボスと、あたしと、母と、弟に看取らせてくれました。
ボスには「奇跡みたいな猫だねぇ」と言ってもらいました。
その夜予め調べておいたペットの葬祭場に連絡して火葬の予約をしました。
母の買ってきた白いたくさんの花を飾りました。
親分と過ごす最期の夜になりました。当然眠れるはずもなくて、泣きました。

木曜日は弟と二人で葬祭場へ行き、火葬の行われる土曜日まで親分を預かってもらう手続き。
お願いしたのは
日本ペットセレモ→http://www.petceremo.com/
という葬祭場。海のそばの工場地帯のど真ん中の地元からわりと近いところ。
余計な追加料金は発生せず、火葬代28,000円骨壷代3,000円ポッキリ。
本当にいつもの寝姿のままでカチカチに硬直してさえ居なければいつものように大あくびして目を覚ますんじゃないかと思うくらい、本当に普段の寝姿。
土曜日に母と弟と、更に大量に花を仕入れていざ火葬。
職員の方が花を切ってくださったので、親分の周りをたくさんの花で飾り、しっかりと目に焼き付けました。
1時間別室でマツコの知らない世界見ながら過ごして戻ってきた親分は、寝姿のままきれいな白い骨になっていました。ぐだっと伸ばした手足やくるっと身体に巻き付いたしっぽそのままに骨が並んでいました。ふかふかの毛皮はなかったけれど間違いなく親分がそこに眠っていました。
母と弟とあたしとで身体の下の方から順番に壷におさめて、最後は職員の方が頭をちょこんと納めてくれました。
ちょうど壷の中で座っているようなイメージです。
大事に大事に弟が抱えて、親分も一緒に帰宅して、今部屋のタンスの上に座っています。
moblog_683e7d81.jpg
遺影はこれ。
ちょっと耳が切れてるけど、親分らしい凛々しいボスっぽいいい写真だと我ながら納得の一枚。
少し大きくして骨の横に飾ってます。

葬式ってのはやっぱり残された人間のためのものなんだと改めて実感しました。
だってほら、胸の真ん中のきゅうっと苦しいのが少しだけ楽になれた気がしたんだもの。

本当に、うちに来てくれてありがとね。

20

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

14年と1か月と1週間

虹の橋へ旅立ちました。
いってらっしゃい。
ありがとう。
またあとでね。

19

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

靴下にゃんこ

びよびよに伸びた椅子の足カバー。親分の冷たい足先を暖める靴下に。

18

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ゆっくりと
ちょっとずつ心の準備をさせてくれる親分の優しさ。
子分は全力で応えたいものです。
お漏らしするようになったけど、そんなの気にしないよ、フェイクファーの洗い替えはあるもの。バスタオルだって何枚でも用意するよ。夜中だって大丈夫。
ご飯は固形のものはもう食べられないから、液体の栄養補助食品を欲しい時に食べたいぶんだけ。お水も点滴してるからあんまりたくさんは上げられないけど、欲しい時に欲しいぶんだけ。

欲しがるうちは親分にとって必要なんだと思ってそういう努力を続けます。

17

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

軽いんだよ

前回から600グラムグーンと減って1.78キロ。
抱くと軽いんだ、羽根みたいに軽いんだ。

14

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

時間

寝床の親分のお腹が静かに動いているのを確かめて胸を撫で下ろす朝。

04

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

液溜まり

昼に病院でやってもらった点滴の液が下がってきて前足に溜まってる。
なんかぷにぷにしてます。
左の前足だけちょっと大きくて懐かしい触り心地w

体重は2.34キロでした。思ったより増えてなかった。

31

Category: ネコと子分

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ありがとうございました

12月中旬に「年は越せないと思います」と衝撃の宣告をされた親分ですが、おっかなびっくりながらも毎日の点滴や食事療法の甲斐あってかあと8時間ほどありますが、無事に新年を迎えられそうです。

からしめ堂をありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは皆様良いお年を!